幸せに生きるひとりの法則。

大好きな江原さんの本の紹介です。

内容は以下の通り。

家族がいても、

恋人がいても、

人は究極にはひとり。

しかし不安になる必要はありません。

この一冊に、幸せになる方法が書かれています!

人はみな、ひとりで生まれ、

ひとりで死んでいきます。

家族がいても、配偶者がいても、

子どもがいても、人は究極にはひとり。

この本は、「幸せに人生を生ききる」ための、

覚悟と智慧を手に入れていただくための、

カウンセリングの本です。

漠然とひとりでいる人には、

「本当にそれでいいのですか?」と問いかけ、

家族や子どもがいてひとりで生きていくことを、

考えたことのない人には、

人はみなひとりだという真実をお伝えしながら、

「ひとりで生きることが怖い」

「ひとりで生きていく自信がない」という人のために、

不安を手放し、

自律して生きて行くためのアドバイスを詰め込みました。

いま、さまざまなことに迷って、

不安な人も、最後には必ず、

自ら人生の道を選択できて、

幸せをつかめる……その法則が、本書です!