「かわいそうな私」にさようなら! お金はこうして引き寄せる。

大好きな江原さんの本の紹介です。

内容は以下の通り。

これ以上ない“得をする話”。

「なりたい自分」になれます、

「やりたいこと」ができます。

災いから身を守る 霊的秘儀。

大好きな江原さんの本の紹介です。

内容は以下の通り。

著者が本書のために書き下ろした「護符」が満載の完全保存版。

災いや悩みを取り除く「霊的秘儀」を伝授します。

・憑依時の自己浄霊法

・短命は悪因縁なのか

・愛情問題対策の霊的秘儀

・こじれた仲を修復するには

・お金の苦労を改善する

・ご近所トラブルの解決法

・詐欺に遭わないための秘儀

・認知症による徘徊を防ぐ法

・ストーカーから身を守る法

・予期せぬ悪意の対処法

幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ。

大好きな江原さんの本の紹介です。

内容は以下の通り。

あなたが「こんなふうになりたい」という願望を持つとき、

自信と力を与えてくれます。

あなたが迷ったり悩んだりしたとき、

その解決法と励ましを与えてくれます。

すべては人生(スピリチュアル・ワールド)からの贈り物、

―必ず「答え」があります。

スピリチュアルケア。

病や死の接近によって生きる意味や、

目的が脅かされて経験する実存的、

全存在的苦痛(スピリチュアル・ペイン)のケア。

ターミナルケアや、

ガン治療などで注目される概念。

スピリチュアリティ。

人間に特有な心理的あるいは精神的活動を指す用語で、

個人の内面における奥深く、

しばしば宗教的な感情および信念と関連があるもの。

霊性、霊的、精神世界、精神性、精神主義、

宗教的など様々に訳される。

スピリチュアル。

スピリチュアルは「精神世界」を概ね受けついだ言葉で、

1970年代以降ブームとなったアメリカの対抗文化、

「ニューエイジ」における思想の多くの部分を含む日本のジャンル。

「ニューエイジ」は主に「精神世界」の名で日本に広まり、

その後「スピリチュアル」と呼ばれるものにほぼ受けつがれた。

そのため、日本におけるスピリチュアルという名詞の意味は、

キリスト教におけるスピリチュアルとはかなり異なる。

具合が悪い。

今はどうしてよいものか分からず、

テンション低くやる気が出ない。

何とも不器用な私、

外はどんよりと吐き気を感じ、

家のなかで頭が痛い。

窓の下に猫がうずくまって、

眠たそうにしている。

今日は大事をとって、

早く寝ないと。

posted by カオタンゴ at 01:01日記

モテていた私。

昔はガードがゆるかった、

なんも考えていなかった。

なんとなく好きな人がいて、

付き合っている感じの、

デタラメな関係だった。

そんな時代は忘れて、

次へ進まないと。

スピリチュアルな世界では、

ちゃんと良いことがあるはずだから。
posted by カオタンゴ at 01:02日記

仕事。

仕事で好きな事を、

やらせてもらっている。

上司にもクビを覚悟、

そんなときもありました。

生きている日々は大変、

自分のやりたい事を貫き通す、

それは人との軋轢を生む。

だからこそ、

修行なのかもしれない。

実際はしょうもない事で、

愚痴を言ったり怠けたり。

いろんな意味でグレードアップ、

そしてグレードダウンが、

人生かもしれない。
posted by カオタンゴ at 01:10日記